2009年06月

19日で息子の天太が無事、一歳を迎えました。
ほっ。なんとか。
でも誕生日の本人は、当日、そうとうひどい下痢でした。
もちろん、かわいそうなんだけど、具合が悪いとおとなしくて、かわいくもあります。
大好きなヒロシファミリーにもたくさんお祝いをもらいました。
ショートケーキや、かわいい洋服をたくさん買ってくれたヒロシが
「天太ー!どこまでわかってんのかしらね?」
と言いました。
正直、あんまわかってないんじゃないかと思います。
そいでも、そういったことを自分に置き換えると、そんな思い出にない記憶こそが、
いざという時、生きていく中で、相当役に立ったり、邪魔をしたり、しているような気がします。
だからヒロシ、ありがとう。
なんなんでしょ?
私の中の、優しいというイメージとか、落ち着くという雰囲気とかって。
これこれ!と思う感覚は、三歳までの体験なのか、前世からの記憶なのか。
初めて会った人とのふれあいの中でも、昔から知っているような感じがしてなりませんね。
あいかわず、中学生日記みたいな内容ですいません。

育児や家事と、仕事の両立を、みんなどーやって成し遂げているのか不思議なんです。
はちゃめちゃに時間が過ぎていきます。
今までの人生、ぼーっとし過ぎたのかしら?と思いながら、せせこましく小回りきかせる毎日です。
なんとか明日への活力を補給したいと、それが切実になってくると考えます。
自分にとってエネルギーってなんなんだろう。
もちろん、美味しい御飯とお酒と睡眠、なんだけどさ。
もっとうわっと燃やしたいわけです。
Tちゃんが焼いてくれたAntony & The Johnsons の新譜がやばいです。
またおかまかよ?と突っ込みながらも、泣けます。
具合の悪い天太抱えてですが、やっぱりなんとかPちゃんに無理を頼んで、水曜日のパラガに行きたいです。
熱望!

ちなみにうちの天太は太宰治と同じ誕生日。
太宰は、斜陽がダントツ好きです。

梅雨入りしたらしい。
毎日の気分が、思いっきり天気に左右されやすいわたしとしては、これが、大問題なのである。
しかも、今の我が家ってば、どの駅からもほどよく遠いのであって、ほとんどの移動手段がチャリなわたしにとって、
これは、重大な問題なのである。
更に、乳幼児抱える家の洗濯物量ってば半端ないのであって、雨続きは過酷なのである。
天太と、部屋干しのれんで、ひたすら飲み屋ごっこばかりなのである。
「おかみさん、一本つけてー」

そういえば昨日は、久々しぶりに高円寺でヒロシに会った。
天太を含む、高円寺ファミリーで、本物ののれんをくぐって遊んだ。
飲み過ぎました。
弱くなってるしね。
朝起きたら、Pちゃんとわたしと天太と、三人があらゆる方向を向いて、布団の周りで寝ていた。
布団を囲んで、折り重なる我々。
ひとりでもいいし、布団で寝ようよ!と突っ込む間もなく、慌ただしく、保育園へやりました。

天太がもうすぐ一歳。
あー、正直少しほっとしている。
首も座らずほなほなな頭で、チュパチュパと乳を吸っていた頃から考えると、なんとま、たくましくなった。
なんだか、ここまでくると、随分と、簡単には死なない感じで、ほっとしています。
産まれたばかりの時って、それっくらい、
「死んでやいないかしら?」
と、口元に手をあて、顔を覗きこんでばっかだったからね。
スーパーうっかりものの私は、なんか、やってしまいそうで、ひやひやしていました。

最近は天太が寝た後の、一時間ほどで、まいにち作詞をしています。
前ちゃんが大阪に居たり、わたしに子供が居たりするこの状況で、再開の準備をするのはいろいろ。
出来ることからはじめています。
そうゆう時PCとかって、本当に助かる存在だったりする。
みみずくずは人力、力技バンドだったりするし、個人的にも機械ものは全て苦手で、好きじゃないんだけどね、便利ですね。
だからパソコンに向かう時間が増えるんだけど、疲れます。
これが仕事のひとがいるなんて、わたしには考えられないなー。
凄いなー。
ほいでもなんとしてでも、今までの最高傑作を新作として作り上げるんです。じゃなきゃやる意味ないですからね。

人の振り見てじゃないけれど、スタジオやらライブハウスやらで、
「もう辞めたらいいのにー」ってバンドを見つける。
それを見つけた時って、なんとも、やるせない気持ちになるのよね。
結婚するのは簡単、離婚する方が以外と難しい。とかいいますけどそんな感じでさ。

なんとなくではいかんぜよ!
魂フルわせて人生削ってやるんでよ!
これからのみみずくずはさー、やりたい事だけをうんぬんかんぬんするんじゃなくって。。。
この歌詞のここってさ、ここだけがどうもうんぬんかんぬんなんだけどさ。。。
もっとさ、この歌のさ、いいとこにピカっとスポットあてるようなアレンジをうんぬんかんぬん。。。
うんぬんかんぬんを、いい歳して一生青春みたいな話し合いとか、してます。
復活、楽しみにしていてね!

↑このページのトップヘ