11月28日で、母が死んで、一年が経った。
今年一年は、早いようで、なんともねっとりと、長かったよなーとしみじみ。
先日、一回忌も無事済ませることが出来た。
法事の席で、私に母の話をしたひとは、ひとりだけだった。
母の為に集まってくれた人達が、わいわいと酒を飲んで、ご飯を食べている。
私も笑って、酒を飲みながら、それに答えている。
人間って強いなぁ、ほいでも、これが生きているってことで、これでええんや。と思った。

夜中に目が覚めたり、ふとした時には、未だに、ふらっと、どこかから帰ってきそうな気がしてしまったりするが、
さすがに、そんなアホなことはないってことも、だんだんと身にしみてきた。
母の人生について、彼女は幸せだっただろうか?と考えてしまったりもするが、
全く本人にしかわからん問題。幸せも不幸せもあわせて人生なんやろから、愚問ですな。
ここ3ヶ月はちょっとした学生みたいなことをしていたのが、昨日で終了した。
母の誕生日が卒業式なんて、ちょうどいいか?と思って決めた学校だったので、
昨日もらった立派な卒業証書を、まんじゅうと一緒に母に供えた。

そうしてやっとこさ、コーへイと話が出来た。
いつも打ち合わせに使っていた喫茶店で、半年ぶりくらいに、酒も飲まずに2時間以上も話した。
生活のこと。音楽のこと。これからのみみずくずのこと。
なんだか後廻しにしていた課題が山積みで、すぐに結論の出る話ばかりではなかったけど、
お互いの思ってることを言い合えて、随分すっきりした。
来年、みみ名義で(アコースティックになってしまうけど)ライブもきって、少しほっとした。
学校終わって、時間も少し出来るので、さぁぁ。何からやったろか?という朝。
まずは久しぶりに、ギター担いでスタジオにでも入って歌おうと思う。

忘年会シーズンですねー。
なんでもええけど、飲みたいわぁ。。。