twitter とかFacebook などというものをちょこちょこやっている。
いろんな懐かしい人や新しい人と繋がったりしながら、なんとも不思議な感覚である。
ボタンひとつで友達と呼ばれる関係になったり、イイネ!ひとことでなんでも返事をしてしまうのに、
今だ違和感があるのも確かである。
私自身このブログを書き始めてからもう10年以上にもなるけれど、始めた当初は、今よりも更に
赤裸裸で過激なことをよく書いていたように思う。あまりにあったことや思ったことを何でもかいてしまうので
家族に批判をかったり、友達に注意されたりよくしたものだ。
先日も、ずっとわたしのブログを読んでくれていた友達に、当時は、彼氏からの電話で
「レイナの声を聞くだけで、オレはいつでも勃起してしまうんだ。」と言われた。わたしは嬉しい!
なんてこと書いてたよー。と言われて、ひっくりこけた。
見に来てくれるひとも、『この人ここまで書いてしまうんだー』というのが楽しみだったとかいう意見をよく聞く。
今ではそんなのきっとよくありことで、少々のことでは、みんなびっくりもしないんだろうなー。
調子のいいようにいくらでも自分をみせれるようにも思うけど、以外と嘘をつけないのが、twitter とかFacebook
なのかもしれないなーと時々思う。
twitterにみみずくず歌詞bot ー@mimizukuzu_botー というのが存在する。
私の一番のファンであり(自分で言っちゃう)今では大の友達でもある、ある人がつぶやいてくれているようだ。
私が今まで送り出してきたたくさんのうたの歌詞からの抜粋で、ほほ日に更新されている。
わたし自身も、あまりまめにtwitterなどをのぞかないので、ふと見たときに、昔の自分が作った懐かしいうたの詩の一片が
時々、飛び込んでくる。
ようさん歌描いたなーと思うと同時に、しみじみ思う。
これ、ほぼ毎日、彼がやってくれてるんだよなー。朝起きて仕事に行く前のちょっとした時間とか、電車の中の移動中の
時間とかに、今日はどの曲にしようかなーとコツコツつぶやいていてくれるのだ。(全部想像ですけど)
すごいことだと思う。
忘れてはいかんことだと思う。
わたしのように横柄な人間は、続けることを、ついつい自分ひとりでやっているような気になることがあるけれど、
たくさんの人の力を借りて、今の自分があるんですね。しみじみしみじみ思う。
先日のGスポーツライブ!
林レイナのソロ曲をバンドスタイルで演奏しているGスポーツ。
とてもいいライブが出来たと思う。
家族のように思えるメンバーと力をあわせて、新しいものが、表現できた気がする。
あーでもないこーでもないと音楽していると、おかげさまでなんだか青春のように楽しい毎日だ。
Gスポーツ。略してGスポ。キャッチフレーズは『わたしの一番いいところ』です
みなさん、こちらの方も、みみずくずとあわせて、乞うご期待、今後もよろしくお願いします。


あんたがここまでこれたのは、全くわたしのあげまんのおかげなんだから、感謝しなさいよっ。もっともっと感謝しなさい!
何度となくPちゃんにこう言うわたしだが、ほんとは、そんなこと言わなくても、ちゃんとわかっている人間なのも
知っている。Pちゃんはこうゆうことに関して、わたしの何倍も謙虚で、全くでかいことを言わない人間だから
ここまでこれたのかもしれない。
Pちゃんの漫画!木曜日から、週刊モーニングで連載が始まりました。
タイトルは「コウノドリ」ペンネームは「鈴ノ木ユウ」初回はなんと巻頭カラーでスタートさせて頂きました。

morningmanga.com/news/2210

前作4話もここから、無料で読めます!出産の現実、命の現場の話です。
ぜひ、お目通しを、よろしくお願いします。
7dc40fd7.jpg


ここまで来れたといいつつ、漫画家としてのPちゃんは、ほんとに始まったばかり。
やっとスタートラインに立てたのである。
ほとんど徹夜で数時間しか眠れず、ふらふらになっているPちゃんを、フライパン叩いて「起きなはれー!!」と起こす毎日。
立ったまま食パンかじる勢いで、朝の準備をし、天太に服を着せ、保育園へ送り出していると、
アシスタントさん達がゾロゾロやってくる。
今度はみなさんの昼ご飯の準備。だいたい4-5人前の昼食。
米びつの底がすぐに見え、金の勘定ばかりしては、眉間にしわが寄るけれど、やりがいのある毎日です。
描くんだジョー!灰になるまで。って身体がいつだって心配ですが、絶対におまえにだけには負けてられないっ!と
ギターをかき鳴らすわたしです。今日はこの辺で。チーム鈴ノ木、ソロソロおやつの時間ですわ。