2015年04月

ベランダが自慢の自宅。
暖かくなったら、ボクちゃんと外でご飯食べたるー!
珈琲に読書も♡なんて思ってたが、植木鉢ひとつ外に出せないくらい毎日風が強い。
ビル風みたいに、荒くれ者の風が中野中から集まってきて、ゴミひとつ外に出せない、、、
今日も横殴りの雨。磨いたばっかりの窓ガラスに水滴が叩き付けてくる。
食卓いっぱいに書類やら領収書ひろげて、朝からずっと溜まりに溜まったお金の計算、事務。
仕事があるのは有り難いことですが、なんせ細かくて面倒l臭いです。

40歳にもなったら、精神的にも成熟してもうちょっと落ち着いても良いのになぁと思うが、
泣いたり笑ったりハラハラしたりの毎日。青春みたいな日々を捲る春。
風が止まない。やっぱし毎日必死こいてます。
気付いたら、ずっとおしっこ行きたかったみたいな感じ。
昔みたいにまとまった時間や集中力もないから、やるべき事に追われてやりたい事が溜まっていくと、キー!となるけど、
時間があるから出来るってもんでもないのも知ってるし、
「読書やギターなんて、一日10分でもいいと思うよ。音楽だってフィットするものが見つからない時は聴かないでいい。
むしろ聴かない方がいい。」ってある人に言われて、なんかホッとした。
そうか、表現磨くって生きていくことそのものだものなぁと思う。
これでいいのかな?と迷うことばっかしだけど、この先どうなっても生きている実感が持てる場所に、居たいと思う。
そしてその場所だけは自分で決めていきたいと、いつも思う。
ひとりで生きてるわけじゃないけど、妙なしがらみにばかりとらわれて、後で文句言わなきゃならない人生は送りたくないな。
思春期、どんな手使ってでも、自由を手に入れてやる!と頭の中はそればかりで、親に嘘ついたり行方をくらまして、
心配ばかりかけていたなぁと思い出す。
いつかひとりでギター一本持って、思い付く限りの場所旅してまわってやる!いつかってか、近い将来。よろしく!
って考えてること、今もあんまし変わらんね。

出だしでちょっこしつまずいて、どうなる事かと心配したボクちゃんも、立派にランドセル背負って、毎日出かけていく。
とにかく車が心配で、見送った後もこっそり陰から見守るわけですが、なかなかにまっすぐ歩かない。
ミュージカル俳優みたいに、歌いながら、両手広げて、歩道を蛇行していらっしゃいます。
いろいろあるけど、たくましく明るい子に育ってそうで、ま、ええやんね。

ゴールデンウィーク、ライブやります!新曲もやります!
私の弾き語り+飯島くんのエレキギターの林飯スタイルで。
チラシ作った!
写真はずっと昔から、私とのら猫、撮り続けてくれているタスクさん。
手前にもられてるのは、大盛りの塩かと思ってたら、雪やねんて。
渋谷のスペイン坂あがったところの雑居ビル。出番は20時からです。
やっと自分のほんとうにやりたい事、やりたいからやってるって気がする。
見に来て!

34c5e373.jpg

祖父亡くなる。
ここ2、3日が山場と言われてからの踏ん張り。
大正昭和平成と時代を生き抜いてきたじーちゃんの生きる意志の強さ、さすがやったなぁ。
わたしの父親代わりになったつもりで、いつも私を守ろうとしてくれていた人。
見当違いで的外れな優しさでも、いっつも嬉しかった。
自分でもよくわからない思春期のわたしの考えていることなんて、さっぱりわからない事も多かっただろうに、
ただ可愛いと言う想いで、一生懸命包もうとしてくれたなぁ。
知らせを受けて、慌てて大阪へ。
のぞみの窓に写る自分を見てたら、びっくりするくらいたくさんの祖父との思い出が流れ込んできた。

どこかぽかーんとしたまま通夜葬式。
偶然にも自分の人生を振り返るような順序で、産まれた町から暮らした街、通った大学を通って、
葬儀場から火葬場へ向かうマイクロバス。窓から見る昔過ごした時間達。
ちょうど満開で桜が咲いていた。
自分がいま生きていることの不思議。
肉体が無くなった魂は、どこへ飛んでいくんだろうね。
こうやって今胸に咲いている花は、ただ枯れて土になるんだろうか。
通夜の夜、ボケてしまった祖母をみていると結局一睡も出来ず、ビール片手にひとり、
数年前に祖父が自分で作ったという「自分史」というものを読んでいた。
自分の生い立ちから、価値観、宗教観、年表までが付いている。
こんな日に、誰かに読んでもらう為に書かれたような、不思議な読みものだった。

親戚やら知人やら、こんなことがなかったらなかなか会えない人やらと、久しぶりに話す。
ひとにあたるというのか、いろんな人の人生や生活、価値観や想いがうごめいているようで、
こうゆう時は、正直いつもすっかり息苦しくもなってしまう。
ゆっくりしたいと嫌がるボクをひっぺがして、(彼に関しては日帰りでとっても可哀想でした、すまん。)
終わってすぐさま東京へ戻る。私もくたくたに疲れた。
2日ほど家空けただけでも溜まる用事、月末の閉め仕事いろいろ。
忙しいのは有り難いことです。

6歳のボクちゃんも春。
アットホームで居心地の良かった保育園を卒園して、昨日から始まった学童生活。
初日に迎えに行ったら、ボクが泣いていた。
上級生に、チビ(確かに小1にしては小さい!)おかっぱ(確かに気合いの入った前髪のおかっぱです!)
黄色野郎(確かに全身ド派手な黄色と緑の服を用意してしまったのは私です!)とからかわれたそうだ。
早くも来たか?第一関門。
帰り際、こちらを見て、マンガみたいに、こそこそ話す上級生。
「ほら、あれがオカッパ、帰るよ。」
私がたまらず何か言おうとすると、辞めてくれと言わんばかりに、ボクに手を引っ張られた。
「明日は赤い服にして、明後日は青い服にしたらいいやん?」と言うわたしに、
「何着ても同じだよ。赤野郎で青野郎と言われる。明日からは色のない服着ていく。」と言われ、
「どうせ何色着ても同じなら、好きな色の服着なさい。」ときっぱり言いながら、心千切れそうでした。

いやいやいや春ですな。
実は今日がボク入学式。
ランドセルを背負っている姿をみて、いろいろ感慨深い想いもありましたが、もうあかん。。
入学準備に追われてヘロヘロ、明日も5時起きで、お弁当ですわ。
うーーーん、久しぶりのライブまでも一ヶ月を切りましたね。
うーーーん、マンダム。限界、おやすみなさい。

↑このページのトップヘ