2019年10月

ボクちゃんが学校行事で2泊3日の移動教室へ
昔で言う林間学校か
彼が居ないとなると、雨の音まで違って聞こえる
そんな日は大体は夕方までに巻き巻きで仕事をすませて
ここぞとばかり一時は身体がボロボロになるまで
どうにも飲んだりしていたが
今回はほぼ家から出なかった
昨日はそそくさと仕事をすませ
ふらっと飲みに行く前ににちょこっと。。と思って手にとった
ギターを、気がついたら5時間弾いてた
え?もうこんな時間か!と家酒もそこそこに就寝
多分だいたいの人はギター弾きはじめて
1ヶ月くらいでわかることに気がつくのに
10年はかかった
ほんとにそう
昨日はそんな発見もあって夢中で触ってた
楽しかった
今日はふらっとライブを観に行くつもりで
人をダメにするソファーに腰掛け
手元にあった本を手にとった途端
気が付いたら22時をまわっていた
ライブは終わってる時間
集中した
楽しかった
贅沢だ
ひとりで好きなことを考えて、
よくわからないままに描いた絵を
思うままに塗りつぶしたような時間
今日こそ会いたい、と思いつく友達が居なくて
勝手にごめんと思うが←なんじゃそれ
死んでしまったRさんのことばかりが頭に浮かぶ
6年7年べったり一緒に居たけど
生きていたら一体何歳何だっけ?
わたしが知っていた名前は全然本名じゃなかったし
でもほんとの名前なんて何でも良かった
最後は癌でパンパンに膨らんだ脇を触って触ってと言うから
脇の下に手を突っ込んだままシャンパンを飲んだ
わたしが訪ねて行くと「もらいものやで〜」と
いつもドンペリを出してくれた
彼女と過ごした山奥のコテージでの蜜月の時間が
自分の宝物だと思う
こんな出会いがこの先の人生でまたやってくるんだろうか
きっとおかーさんがまたヤキモチ焼いてるね

いつおろそうかと買ってあったクソ高いトレンチコートを
パジャマの上に羽織って深夜のコンビニに行った
思いつくままに、お酒雑誌ポテトチップス
あ、104番のタバコもくださいと言ったらポケットに
突っ込んであった千円札じゃ全然足りなかった
あら、コレ辞めますとか言って帰り道ヌボーっと
横断歩道を渡ろうとしたら車にひかれかけて
めちゃめちゃ怒られた


お花全部で500円は安かった
73361235_554401978707712_6836961484187107328_n



きみちゃん偉いなぁ。
黙々とよく働いて、不当な給料にも文句言わず、
何でも良くする工夫や努力を怠けないで。
足りないものは数えず、信念を持って進む。

今日は身体があまりにバキバキで、お昼間ストレッチ
をしようと身体を伸ばしたらそのまま寝落ちしてしまった。
はっと目が覚めたら、窓の外は真っ暗。
慌ててリビングへ行くと、しーんとした中ポツリと
ひとり漫画を読んでる息子。
さっきまで子猿のようにキーキーと
ソファーあたりに群がってた僕のお友達小学生ももう居ない。
「お腹減ったかもなぁー」
と言われて、慌ててスーパーへ走り夕飯を支度。
4時間近くは撃たれたように眠っていたみたい。

そんなで夜は眠れるわけもなくはじめた事務仕事。
静か。
じっとしてると足元冷える。
寂しいなぁ〜
秋って何でこんなに寂しいんだろう。
仕事といっても頭を使うようなものではなく
コツコツと作業的なものばかり。
小さーい音で聴くチャンスザラッパーが優しい
でもやっぱり切ないなぁ〜
こんな夜にSNSなんて開けたくないし
こんな夜に誰かを待ったりしたくもなくて
携帯をソファーの下に埋めた

きみちゃん捻くれず花の絵を描いてたなー
こんな夜は手を動かすのか
そーっと眠気が覆いかぶさってくれるまで
きっと手を動かしてたんだと思う
思い返せば自分もずっとそうしてきたように
ちょっと離れたところにいる大事な人を思いながら
寂しい時間が教えてくれることを
忘れたくない
明日は天気もまだ保つようなので
時間見つけて歩きたいと思う

unnamed

人生にはまだまだ知らないことや知らない気持ちって
あるんだなぁーと思い知った夜。
小雨降る中足元の革靴見ながら、かしかしと早足で帰宅。
早々と23時前には布団に包まったが、天井見ながら
ぽかーんとしていた。
朝起きてヤクルト飲んでもまだぽかーん。
ぽかーんとするこの気持ちの正体をまだ突き止められずにいる。

10年くらい前、高円寺の喫茶店で
「ねぇレイナ、優しさって何なんだろう?」
って、ある人に聞かれたことを思い出した。
面倒臭かった。
具合が悪そうだから気を使ってあげたい気持ちもあったが
そうゆうことを不器用に思い悩んで、しかも私に唐突に
聞いてくるその感じにイライラした。
真面目、融通がきかない、いつも一生懸命なその顔を、
いっそ笑ってあげれば良かったのに、と今は思う。
「さぁ、、センスちゃうの?」とだけ言って
そそくさと席を立った。
たったそれだけのことなんだけど、
折に触れ、なぜかこの日のことを思い出す。
全然関係ない時も、よく思い出す。
私は最高に冷たい人間だなーと自分に感心したり、
では果たしてどんな返しをするのが一番良かったんだろうと
言葉や態度を探してみたりする。
ある人はその後
「やっぱレイナはセンスあるなぁー」と言ったのを
今思い出したけど、これはもう捏造入ってるんだろうか。
お願い、優しくして。
とせがんでばかり居た先週の私は、
ある人のあの時の苦しかった心に、
しっぺ返しを食らっているのかもしれない。

「愛こそすべてだ」とか言う人をわたし絶対信じない。
胡散臭い。
夏に友達のA子が言ってた。
寝ているボクちゃんのほっぺを撫でると
愛って手触りなんだと知る。
新曲をやっとあの人に送ったら
胸がぎゅっとなると褒めてくれた。

今日はこれから幡ヶ谷でバンドリハ。
ぽかーんはいったん置いて
夏に買ったムスタングを持って行ってみようと思う。
日曜日はライブ。
林レイナバンド。
そろそろ、すっかり、ますますの我々。
よーしいいライブにするぞぉ!!
早稲田リネンでお待ちしていますね。

2019年10月20日(日)@早稲田リネン
open 19:00 / start 19:30
2000円+1ドリンク
◎林レイナバンド
(g.鳥羽修,b.福島ピート幹夫,p.藤原マヒト,ds.丸尾和正)
◎双六亭
◎Fats Kaseda & Rockin‘ Shoes
◎フランソワーモ



あなたにピッとしてほしい

プロの世界は奥深いなぁ。。
スーパーのレジのおねーさん見て思う。
ほぼ毎日通う近所のスーパーにカリスマレジのおねーさんが居て
混んでてもできる限りその人の列に並ぶと毎日心が洗われる。
商品を大事に扱う。
袋入れが綺麗。
恐ろしく早い。
気配りがさりげない。
雰囲気がとてもいい。
声もいい。
顔もいい。
なんかいい。
可愛いなぁ。
ってもう好きになってるやん。

先日いつものように買い物していて店員さん同士の会話
を盗み聞きしてしまった。
カリスマは小さい頃からの夢も
スーパーのレジ打ちだったらしい。
バーコードを打つ時のピっていう音が好きらしい。
だから結構忙しくてもやりがいあって好きらしい。
燃えるらしい。
嘘みたいなホントの話に感動した。
それであんなにも毎日素晴らしいんだ〜
来る日も来る日もピッてやってるんだぁ
仕事は何ごとも簡単ではないけどやっぱり心持ちですね
台風準備の買い出しに行ってカリスマを探したら
混雑する店内で輝いていた。

ここ数日どうにも調子が出ず
ほとんど頭がおかしいんじゃないかと思うほど
気がついたら暗いこと悪いこと考えても仕方のないことを
つい掘り進めてしまう

気がつけばなんで私の一番大事な人から
順番にみんな死んでしまうんやろう。。
はっ、あかんあかん→ 掃除しよ
言葉を探すと離れていく、心と心をつなぐものって
いったい何なんだろう
はっ、あかんあかん→ 掃除しよ
じーっとテレビの埃見る
はっ、あかんあかん→ 掃除掃除
僕と観ている大河ドラマの新撰組(もう15年くらい前のやつ)
も昨日は勘定方河合の切腹の回。
これ今日に限って一番切ないやるせない回やんかっ!
もうあかんって。。悔しくて泣きながら拭き掃除

久しぶりに家が結構綺麗になりました。
早く台風が逝って、家中の窓を開けて換気したい
そしてすっきりとした秋晴れの中
マヒトさんのロマンチックなピアノと歌う
その後はレイナバンドのやんちゃな神輿の上で歌う
お待ちしています。

台風の備え、できることはやったし
今日は家でゆっくり過ごします
皆さんもくれぐれも気をつけてお過ごしくださいね。


2019年10月14日(月祝)
楽しい夕べにVol.14
三軒茶屋Cafe&Bar Time(旧Fusion bar Pez)/03(5656)4751
open 18:30 / start 19:00
1500円 (1ドリンク別)
◎ 雨宮弘哲
◎ ニシダショウゴ
◎ 林レイナ&藤原マヒト


2019年10月20日(日)
早稲田リネン
open 19:00 / start 19:30
2000円+1ドリンク
◎林レイナバンド
(g.鳥羽修,b.福島ピート幹夫,p.藤原マヒト,ds.丸尾和正))
◎双六亭
◎Fats Kaseda & Rockin‘ Shoes
◎フランソワーモ


増税前、別段何の買い物もせず、花屋で花だけ買った。
10月になると一気に今年もあと残り、、
みたいなのをあちこちで見かける。
実際12月までほぼライブがもう決まっていて
来月にはまた一つ歳をとるのか、とぼんやり。
今年は去年の大豊作に比べると
数的には不作だったけど(作曲が)
ライブアルバムも作れたし、ツアーにも出れたし、
自分的にヒーヒー言うくらいライブもたくさんやれてる。
ほんとに思うことはいつも同じで
ライブは毎回一度きりのつもりで大切にやっていきたい。

何となく見てるテレビで、
ショッピングモールの歌姫っていう人の特集をみた。
サイン会の時に触れ合った人からの話や、ファンからの手紙やらを受けて
それを元に歌を作ってライブで披露したりするらしい。
ショッピングモールは満員で聞いてる人の多くは泣いてた。
受注生産じゃないけど、
きっと求められているだろうものを作って
それを求めている人達へ届けて、それで満足させられるなんて。
しかもそれが音楽だなんてすごいなぁーと思った。
わたしは泣けなかったけども、テレビでみるお客さん達はみんな
ちゃんと心から泣いてる感じで、ほー。と思いながら
そのテレビを見た。
自分は何で泣けなかったんだろう。
ではどうだったら泣けたんだろう。
と考えたら、たくさん理由が浮かんで来て
最近行き詰まりだった気持ちが少し楽になった。
音楽は自由やと思う。
ちょっと見失いかけてたんちゃうか?わたし。
えへへ、情緒の緒の字は糸口や手がかりの意味ですってね。
頼むから整列してくれとは言わないけど
もう少しおおらかに湧いて出てくれよなと願う。
わたしの情緒よ。
頼むからあの人に優しくさせてくださいな。

今日は久しぶりにDeerhoof聴いてる。
たまらなくいい。

71153935_527700991325182_7755735936050135040_n










↑このページのトップヘ