2020年06月


コロナが騒がれ出してから数ヶ月。
感染者数の増加と比例して、自分の酒量も増加。
なんてこと!とニュースやSNSに齧りついてはため息ばかりで
絶望的な気持ちで毎日椅子に座っていた。
そのうち息苦しくなっては携帯やテレビやSNSをオフにして
音楽さえも聞かなくなり、ギターを並べてある部屋の扉を
そっと閉めていた私。
今思うと、身体は健康でも、
もうコロナに感染していたと言えるのかもしれない。
一度は家で暴れたり、大切な人にむちゃくちゃなことを
言いつけては怒りまくったりもしちゃった。
わっはははは!
ひどいね、愛してるごめんなさい。
ちょっとずつでもみんなの日常が明るく前向きなものになりますよう。


林レイナバンドのライブが決まりました!
ほんとに久しぶり♡
ライブができることがほんとに嬉しい。
こんなに歌いたかったんか自分、と
改めて感じています。
どんなライブにしようか、とあれこれイメージしては
「今回こそは良いライブにしなくちゃ。
とか気合い入れたり思い過ぎちゃダメよ。
普通普通普段どおりがいいよー。」という鳥羽さんの言葉がチラチラ。
あ〜、、、でもなんか、弾けちゃうかもしれないね!

今回は人数制限はあるけど、お客さんにも来てもらえる。
配信もあるから遠くの人にも見てもらえる。
そして、対バンは夏のツアーも一緒にまわった
鈴木純也さんのユニット「純純譲」
彼のあの声量と巧みな話術に圧巻のステージは
配信でも充分楽しめそうですよ。

詳細は以下のとおりです!
今回は予約受付が、ショージマルさんのメール受付のみ
なので、来場希望の方は
下記アドレスへメールでご予約ください。

そして私が腐ってる間も
踏ん張り続けてくれたライブハウス@神田ショージマルに
ほんとに感謝いたします。


予約受付開始日 6月27日(土)AM11時 
fukumaru.rec@gmail.com
※メール受付のみ

7月19日(日)神田ショウジマル
林レイナバンド+鈴木純也 第2弾
「Mad Chicken Nuggets vol.2」
林レイナバンド
純純譲
open 18:00 start 19:00
ADV3000 DOOR3500

<ライブ営業再開にあたり、お客様へお願い>
・店内ではマスクの着用をお願い致します。
・入場時にアルコール消毒、検温のご協力をお願いします。
・当面、定員20名にさせていただきます。
ご予約は

fukumaru.rec@gmail.com

まで
お名前、人数をお送りください
予約開始 6月27日(土)AM11時
それ以降に届いたメールから受付し、
20名に達した場合は締め切らせて頂きます。
・体調のすぐれない方のご来店はお控えください。

元気で会えたらうれしいよー!!!

104310074_275233987154542_3836385492670792896_n




「かーさん黒歴史ってある?」
「ん〜、、アホなことも散々やったけど、
別に黒ではないなぁ〜」

「でもメジャーデビューしたけど、失敗したんでしょ?」
「ん〜、、セールス的には失敗したかもしれないけど、
失敗とも思ってないなぁ〜」

「家庭環境もいろいろだったんでしょ?」
「ん〜、、いろいろ、あったかもしれんけど、肥やしやな。」

「じゃあ、恥ずかしい過去とかないの?」
「あるよ〜いっぱい。わざわざキミに言いたくないこといっぱいある。」

「じゃぁヤンキーやってた?」
「ん〜、、髪染めたり、学校サボったりしたけど、齧った程度。」

「ふーん。昔は気合い入った不良やってた、みたいな人の方が
今は優しくて格好いい、みたいなのあるよね?
昭和の人ってそんなイメージ。学校の先生でもそんなのある。」
「〇〇先生とか、絶対その口よね。私あの人大好き。」

「でもそうじゃない人もいるし、結局オレは器の問題と思うよ。」
「はぁ〜、、確かに。器ねー、、」
「かーさんのは、ちょっと変わってるけど、すごくいい器と思う。」
「あらまぁ、ありがとう。」

「キミはどんな器なの?」
「オレは普通。いたって普通。普通だし普通を目指してる。」
「なんで?」
「普通でないこともやってみたいけど、普通で居たいんだ。」

昨夜の会話。
息子が今日で12歳。
ハラハラすることもあったけど、かわいいかわいい言ってる間に
12年も経ってた。
「育児は育自よね。」と懐かしい友達に言われて、
おっしゃる通り、と思う。
彼の言う普通って言葉は
何を指してるんかなぁーと考えることが、
これまた育自になりますな。



何万回辞めてと言っても床に投げ捨ててある

IMG_4487

ギロッポンでクラフトビール
この日のために前日は少々お酒を控えたので昼からの贅沢ビールが美味しい。
久しぶりに来た六本木は、平日の昼間のコロナ渦にしては人出もそこそこ。
わたしの住む町では見かけないような
小綺麗なんだけど、ちょっと変わった派手バブリー=よく正体がわからん人々
が目に付き、ただすれ違うだけでも面白い。思わず目がいく。
みんな一体なんの仕事して、どんな生活してはるんやろう。
ここ最近はほぼ自宅で過ごす毎日。
はっきり言って飽き飽きする毎日。
しばし家のことなど忘れて、心地よいことばかりの半日は、
あっという間に過ぎ去っていった。
帰り道、これでもかと潜った大江戸線の電車の中、
みなさまソーシャルディスタンスを気にして、お互いが微妙にくっつかないように
静かに工夫して場所とりをしている。
いつもは出来ればドア付近にへばりつきたいわたしも、そんなでずんずんと
中程へ押しやられ、つり革持たずに腹筋で揺れに耐えていると、
目の前の座席にはシャツをはだけたむちむちおっぱいのおねぇさん。
おっぱいだけじゃなくて全体的にむっちむちだったけど、
すっごい谷間だなぁ〜と携帯見るふりして、数駅見とれていた。
女性の方気を悪くしたらごめんなさい。
でもいいなぁ〜こうゆうの。
生感覚。
夏に街行く薄着の女の人を見るのが大好き。
元気が出る。
このままどうにかコロナが収まって
今年もノースリーブ、キャミソール、ホットパンツで街が溢れるといいなぁ。

7月、バンドで配信のライブが決まりそう。
人数限定でお客さんも来てもらえそう。
また報告するね。
待っててね。


IMG_5078


うちの可愛いい可愛いいさんかく紫陽花。
大事に育てていて
あれこれ工夫したり祈ったりしていたのに
今年も2輪しか咲いてくれなかった。。





↑このページのトップヘ